訪問へようこそ無錫ノボ自動化技術株式会社!

言語選択

ニュースセンター

2020年のディスプレイ業界の8つのキーワード、コロナ対応、値上げ、合併および買収

2021.01.19

2020年が終わりに近づいているので、今年はディスプレイ業界全体の発展を確認し、参考のために、コロナ対応や合併や買収など、業界のいくつかの主要なキーワードを検討してください。 一般的に、今年は「意外だが危険ではない」という言葉で要約することができ、2021年がさらに良くなることを楽しみにしています。

 

1、コロナ対応

 

2020年の業界にとって、新たな冠肺炎の流行が最も印象的であり、業界も例外ではないのではないかと心配しています。 今年の初めに流行が始まり、当初はパニックの波を引き起こしました。国と政府の迅速な対応のおかげで、タイムリーな対策が講じられ、人々は流行と戦うよう求められ、流行はすぐに制御されました。 ディスプレイ業界では、ウーハンで最初に流行が発生し、ウーハンがBOE、TCLチャイナスター、ティアンママイクロなどの大手企業のグループを集めたため、ウーハンの企業が最も深刻で大きな試練に直面していると考えられています。 TCLチャイナスターとティアンママイクロは従業員の感染を報告しましたが、その後、彼らはすべて噂に反論し、流行防止作業も確認されました。

 

2、稼働再開

 

流行の影響で、今年の再開もキーワードになっています。 春祭りと相まって、この流行の影響を受けて休日を過ごす従業員もいます。流行が収まった後は、多くの従業員が仕事に復帰できず、生産能力を上げることができません。 この目的のために、政府は、企業への正確なサービスの提供、企業の状況の最初の把握、非現地職員の職場復帰の問題を解決するための特別列車の開通などの企業の地域横断的な問題の解決、企業の調整と解決など、企業が仕事と生産を再開するのに役立つ関連ポリシーを発行しました。 流行防止材料の需要。 データによると、3月までに、電子情報業界の平均再開率は95%に達しています。 主要企業の観点から、SMIC、BOE、チャイナスターオプトエレクトロニクスの再開率は90%を超え、Huaweiは完全に作業を再開し、再開率は90%で安定しました。Foxconnの27の主要工場は81万人を再開し、全体の再開率は 93.7%。 4月までに、業界全体が完全に作業を再開しました。

 

3、オンライン

 

流行により、新しいクラウンウイルスの蔓延を回避するために、「オンライン」がホットトピック、オンラインオフィスおよびオンライン教育になりました。 ディスプレイ業界では、2020年前半のブランド立ち上げ、政府の投資促進、一部のディスプレイ業界の会議はすべて「オンライン」アプローチを採用し、良好な結果を達成しています。 サムスン、アップル、フアウェイなどはすべて予定通り「オンライン」で新製品を発売しており、この流行は新製品の発売にほとんど影響を与えておらず、大きな注目を集めています。 そんなモバイル時代では、携帯電話やタブレット、コンピューターで外出せずに世界を知ることができるのではないかとため息をつきます。

 

 

4、値上げ

 

 2020年の業界にとって価格は大きな懸念事項です。パネルの価格が下がり続けると、今年のパネルメーカーのプレッシャーは甚大になります。幸いなことに、パネルの価格は上昇しています。実際、これを振り返ってみると、 ウェーブラリーも避けられません。 今年の6月以降、パネル価格は底を打ち、その後上昇を続けています。パネルメーカーは市場の価格決定力を習得しています。財務報告によると、パネルメーカーは第3四半期に好調でした。 12月の時点で、32インチなどの一部のサイズの価格はほぼ倍増し、一部のサイズは70%を超え、特大サイズの価格でさえ30%以上上昇しています。 年末には、ピーク時の販売シーズン、上流のドライバーICチップ、偏光器などの部品が在庫切れになり、日本のガラス基板工場のNEG閉鎖の影響と相まって、今年12月もパネル価格が上昇を続け、来年1月と2月には上昇が見込まれます。


 TVパネルに加えて、ITパネルも増加しています。 今年の流行の影響を受けて、オンラインオフィスやオンライン教育などの家庭経済への需要が生まれ、ノートブックなどの電子製品に対する業界の需要が大幅に高まり、ITパネルの価格が上昇しました。来年は、オンライン作業、勉強、買い物などの行動が当たり前になります。 、Chrombookなどの住宅経済商品の熱気と相まって、来年の第1四半期も商品を引っ張る勢いが続くと予想され、ITパネルの台頭も続くと予想されます。

 

5投資/合併/買収

 

2020年には、流行により世界経済が減速し、メーカーは全体として生産を拡大することを望まず、代わりに、合併や買収、販売を検討して、産業チェーンのレイアウトをより迅速に強化する予定です。 たとえば、TCLテクノロジーは今年も合併と買収を続けています。SuzhouSamsungの8.5世代TFT-LCD生産ラインを買収し、Zhonghuan Group、Maojia Internationalを買収し、日本のJOLEDなどに戦略的に投資しました。BOEはCLP Pandaを買収し、BeixuElectronicsを譲渡しました。 ShanshanはLGChemのLCD偏光器事業を買収しました; Huaweiは栄光を売ります...

 

6上場

 

公開を目指す企業は毎年利用可能です。豊富な資本の助けを借りて、企業はより急速に発展します。 2020年には、ディスプレイ業界にまだ上場されていないほぼすべてのパネルメーカーが公開を目指しており、Longteng Optoelectronics、Hehui Optoelectronics、Huike、Rouyuなどがすべて上場または審査中です。 現在、Longteng科技Sci-techInnovation Boardに上場し、Hehui Optoelectronicsはまだ調査段階にあります。Huikeはカウンセリングとファイリングを行っています。Rouyuは上場カウンセリングを完了しています。パネル工場に加えて、一部の機器および材料工場も上場を求めています。

 

7、Mini/Micro LED

 

新しいディスプレイ技術に関しては、2020年にミニ/マイクロLEDがホットスポットになるとは思っていませんでした。 投資コストが低いため、この技術は中国の台湾のパネルメーカーの方向性でした。今年、AppleのMiniLEDへの継続的な取り組みにより、Appleは台湾でのMini / MicroLEDの生産を拡大するために100億NTドルを費やしたと言われています。 、サムスンはベトナムなどで50のミニLED TV生産ラインの建設に投資することを計画しており、これにより業界のマイクロ/ミニLEDへの注目が大幅に高まっています。 現在、国内ブランドメーカーもミニLED製品を展開しています。例えば、TCLテクノロジーがマオジアインターナショナルを再買収した理由の1つは、新しいディスプレイテクノロジーであるカードポジションミニLEDです。最近、スカイワースミニLED製品が正式に量産を開始し、コンカが発売しました。 世界初のマイクロLEDスマートウォッチと、三安光鸿利智などの業界チェーンの多くの上流企業がレイアウトされています。

 

 

8、8000億

 

2020年は、2016年に始まり2020年に終わる第13次5カ年計画の最後の年です。 この間、中国の新しいディスプレイ産業は、産業規模、技術レベル、サポート機器や材料など、さまざまな面で目覚ましい成果を上げてきました。 中国産業情報技術省のデータによると、「第13次5カ年計画」期間中の中国のパネル生産ライン建設投資は約8000億元であり、総生産能力は2015年末から149%増加した。2018年以降、中国のディスプレイパネルの出荷は世界のトップランキングに上りました